mf8 Oskar's Icosaix

mf8 Oskar's Icosaix  (エムエフエイト オスカーズ イコサイクス)

mf8の正20面体パズル、イコサイクスです。
ディープカットではないため、Eitan's Starよりも素直な分割面になっています。

角のパーツは分割されておらず、その場で回転させることもできます。
快適に回ってしまうので、これを回らないように縛ってそろえるのは困難です。

※欠けなどはtriboxで交換していますが、一部パーツ表面にささくれのような模様が多く、これは交換しておりません。過度な価格高騰を防ぐためです。どうかご了承ください。
  • カラー:
価格: 12,500
注文数:

合わせ買いがおすすめ

mf8 Oskar's Icosaix
貼付け済ステッカーメーカー製ステッカー
付属ステッカー-
対応ステッカーmf8 Oskar's Icosaix triboxステッカー
この商品は、メーカーの工場にてステッカーが貼り付けられています。
ステッカーのズレ・気泡・かすれ・汚れが気になるものがありますが、ご了承ください。

商品情報

商品名 mf8 Oskar's Icosaix
重量 -g
サイズ -mm
商品及び付属品 パズル本体

※動作確認のため、パッケージを開封しています。ご了承頂ける場合のみお買い求めください。

この商品に対するお客様の声

  • 私のイコサイクスは左利き(左回り)です

    2017/09/19 投稿者:さかい おすすめレベル:★★★★★

    久々に攻略に1ヶ月を必要としたパズルに出会えました。

    以下の手順で攻略できたようです。
    (1) コーナーを揃える。
    (2) コーナーを維持しつつ、エッジを揃える。
    (3) コーナーとエッジを維持しつつ、センター(インナー)を揃えて完成。
    上記の方法だと(2)と(3)が長手順になるので、ベストは「エッジ」→「センター」→「コーナー」のようですが、
    ど真ん中のないパズルなので、20面の配色を覚える必要があり私向きではなさそうです。
    20面全面揃えるのに、いまだに休憩を入れて3時間くらいかかっています。
    上記(1)については4分くらいなのですが、(2)で約1時間、(3)で1時間以上かかっています。

    このイコサイクス(Icosaix)の特徴には以下があります。
    (a) 反対方向に回りづらい。無理に回すと、内部パーツが変に移動してロックアップする。
    さぐりさぐり回す必要があるため、私の場合は「R」でも「R'R'」のように左回り固定に回して安定させています。
    またロックアップしたときは、コーナーを真上に引き抜けるので(わりとチカラが必要)、内部パーツを元の位置に戻すとよいです。
    (b) コーナーがその場で回転しやすい。
    無意識に回転することもあるので、1点だけどうしても揃わないときは、コーナーの回転を疑いましょう。
    (c) コーナーをその場で回転させて無理やり揃えた場合でも、エッジとセンターのパリティは発生しないようです。
    (d) エッジについては、2点が180度反対になる場合がありますが、解消可能です。
    自分で解く楽しみを知ってもらうために、わざと不親切に書きますが、私の場合は、自力で見つけたエッジの3点入れ替えで、揃っている2点に180度反対になったエッジを一旦移動させて解消させています。
    (e) センターについてはパリティは、ありません。
    私の場合は、自力で見つけたセンターの2点入れ替え手順があるので、自信を持ってパリティはないと断言できます。

    上記(a)に関連しますが、通常使用でも内部パーツが破損してしまうことがあります。
    当然サポート期限があるでしょうが、tribox さんでは破損分の内部パーツを送ってくれるので、通常使用で破損した場合はメールにて連絡してみてはいかがでしょうか。

    最後に、ある角度で回すと正20面体から変形しますが、そこまではまだ攻略できていません。本当に攻略しがいのあるパズルです。

  • ラスト2エッジのOLLが鬼門

    2015/09/20 投稿者:ichikoro おすすめレベル:★★★★★

    素直なカットの正20面体パズルの美しさに惚れて購入しました。

    解き方にもよると思いますが、基本的にはFace Turn Octahedronの応用で解き進めることが可能です。
    ただ、面の数が格段に多く回転軸が複雑なため、揃えた部分の逃がし方や把握に少し苦戦するかもしれません。
    結果として一つ一つの手数も相応に掛かります。

    正20面体パズルの経験が無い方は、まず立体の構造やパーツの動き方に慣れるのに時間が掛かると思います。
    立方体や8面体とは比較にならないくらい動きの把握が難しいです!

    ラストの2エッジが反転した状態で残る現象はFace Turn Octahedronに存在しない事態であるため、ここだけは応用が利きませんでした。
    私は悩みながら試行錯誤している間に何故か解けてしまいましたが、何で解けたのかはまだ把握していないので、あとで手順の整理をしようと思っています。

    形の変わる動きはまだ試していないため、どのような現象が起こるか楽しみです。
    動きは少し引っかかりがあり、ロックアップすることもあります。
    時計回りと反時計回りで明らかに引っかかり具合が違うので内部パーツにバリや段差があるのかもしれませんね。
    動かしている内に内部からバリのようなものが出てきたりもしたので分解して一度メンテナンスをしたいところですが情報が無いので分解の仕方も分かりません(笑)

  • 思ったより難しい

    2015/08/28 投稿者:てけらほ おすすめレベル:★★★★★

    コーナーの下に隠れている小さいパーツが引っ掛かるかも。
    Eitan's starとくらべると
    回転ー0、5
    popー0、5
    ステッカー ー0、5
    難易度+0、5
    同じく形が変わる回転があるためディープカットではないのですが予想してたより難しいと思います。
    triboxスペシャルのステッカーほしい

商品カテゴリー